2016年01月28日

転職するときに求められる資格は

転職するときに求められる資格は、専門職以外はそこまで多くないようですが、持っている資格を有効に使って働くことができる点では、やはり、国家資格が有利なようです。それから、建築や土木系だと、「業務独占資格」と言われる建築士のような、該当の資格を有していないと実際に仕事につけないという仕事も多いため、狙いやすくなっているかもしれません。違う仕事に職を変えるのは困難であるというイメージが強いですが、実際のところはどうなのでしょうか?結論をいうなら、これまでと違う業種に就くのは簡単ではありません。経験者と未経験者が同時に面接に来た場合、経験者を採用するのが一般的でしょう。ただ、絶対に不可能というわけではありませんので、懸命に努力を重ねれば異なる職種に就けることもあると思います。仕事を変えたいときに有利になれる資格といわれれば、社会保険労務士や公認会計士が良いとされます。これまで積み重ねてきた経験を生かした転職活動をしていこうという方針を持つ人にも間違いなくお勧めしたい資格です。社会保険労務士という資格を持っていると、総務や人事関連の仕事を得やすくなりますし、公認会計士の資格を得ていると財務や経理関係の仕事を得られやすくなります。労働時間の長さが原因で辞めた時は「より効率的な仕事を希望」、仕事を辞める理由がやりがいを感じられないという場合は「新しい仕事にチャレンジすることで、自分を成長させたい」と記載すると受ける感じは悪くはないでしょう。たとえ転職理由がネガティブなものも言い方によっては、プラスになることもあるのです。履歴書記載の注意は、文字数が150から200文字が理想ということです。人材紹介会社を使って納得のいく転職が出来た人も多いと言われます。自分だけで転職活動を行うのは、気持ちの面で辛いと思うことも多いです。転職活動が長引くと、これ以上どうしたら良いのか、分からなくなることもあります。人材紹介会社を使用すれば、自分の条件にマッチする応募先を紹介してくれたり、プロならではのアドバイスをもらえるでしょう。今の職に就いている間に、転職活動を始めて、転職先が決まってから辞職するのが理想です。退職してからの方が時間的に自由ですし、すぐにでも働き始めることができますが、転職先がすぐに見つからないケースもあります。職の無い期間が半年を超えてしまうと、ますます就職先が減っていきますから、勢いで現在の仕事を辞めない方が良いでしょう。年収増加の目標のために転職されようとされている方もたくさんおられるでしょう。確かに、職場を変えることでお給料が増えることもあると思います。でも、反対に年収の減少を招いてしまう可能性も考えられることを十分承知しておきましょう。年収アップを見込むには、どれだけ年収の高い仕事をゆっくり探すことが可能であるかが重要なポイントとなります。転職する理由は、書類選考や面接において最も重要です。相手を味方につける理由でない場合低い評価になってしまうでしょう。ところが、転職する理由を聞かれても上手く答えられないという方もきっと多いはずです。多くの人が、履歴書を記入する時や面接を受ける時などに、悩まされるのが、この転職理由になります。どのような転職する理由がふさわしいかというと、まず、本気で転職したくなった理由を思考してください。思いつくままに説明する訳ではないので、自分に正直に、ノートに記入しましょう。そして、それをネガティブな印象を与えないように表現の仕方を変えてみてください。転職理由に関することばかりだと言い訳がましい印象を持たれてしまうので、長くなりすぎないようにしましょう。焦りながら転職活動を行うと、目先のことにとらわれて、年収よりも採用されることを優先して仕事を選んでしまうこともあるでしょう。その結果、以前よりも収入が減ってしまう事があります。これでは、何のために職を変えたのかわかりませんね。給料にも満足できるような職に就きたいなら、じっくりと仕事を探してください。
posted by つぱぎomcv at 11:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。